challenger

マイバチの原点にして頂点

マイバチ

4

ELEMENTS

高みを目指すあなたへ

どのような曲においても快適なプレイを実現する「マイバチ」の象徴的なスペック
あらゆる環境で挑戦を続けるプレイヤーの相棒的な存在
その使い勝手の良さを是非、ご体感ください。

  • 重量

  • 取り回しやすさ

  • 対応曲の幅

ELEMENTS 01

MATERIAL

材質

幅広い楽曲に対応可能なChallengerは、太鼓の達人ユーザーの中で1番の人気を誇る「米ヒバ」の木材を使用しております。

難易度の高い楽曲に対応するには、しなやかで心地の良い反発が必要です。

そのためChallengerでは、数ある米ヒバの中でも特に反発性に優れたものを厳選しております。その使い心地の良さを是非、ご体感ください。

ELEMENTS 02

REACH

バチの長さ

バチの長さは叩き心地に直結し、私共では39cmと37cmの2通りをご用意しております。
それぞれの特徴は下記のとおりです。

37cm

37cmのマイバチの写真

37cm低反発

1打1打、丁寧に叩きたい方にオススメ

低反発で反発が少なく、しっかりとした叩き心地が特徴。テンポの遅い曲や繊細なリズム感覚の求められる楽曲におすすめの長さです
取り回しのしやすさから、当バチ工房では小さなお子様や小中学生の方に人気のモデルとなっております。

39cm

39cmのマイバチの写真

39cm高反発

テンポの速い曲を叩く方にオススメ

反発性に優れており、テンポの速い曲をプレイする方にオススメです。
また、太鼓の達人の上達に必須のスキルである「ロール処理」や「シングル」を練習する際にも39cmモデルが適しており、中級者~上級者の中では最も人気の長さです。

ELEMENTS 03

WEIGHT

バチの重さ

バチの重さは、最も好みが分かれやすいポイントです。

ネットショップでマイバチを購入する際の大きな課題は、「重さの指定ができず、手元に届くバチの重さはランダムである」ことでした。

Minamitoriバチ工房では同じ寸法、グリップカラーのマイバチであっても、重さを「軽め」「標準」「重め」の3段階にラインナップとして区分けすることにより、お客様の細かな重さの希望に対応いたします。

軽め

約105~125g

小さなお子さまから成人の方まで幅広く扱うことが可能です。
テンポの速い曲でも腕への負担が少なく、軽快に叩くことができます。
代表のMinamitoriは、普段軽めのバチを使用しております。

標準

約126~145g

テンポの遅い曲から速い曲まで、オールマイティにこなすことができる1番人気の重さです。
無反応が起こりにくい重さですので、初めてマイバチを買われる際にはこちらの重さが最もおすすめです。

高密度

約146~160g

ずっしりとした叩き心地で、テンポの遅い曲で精度が取りやすいモデルです。
メンテナンスの行き届いていない台でも無反応の心配なく叩くことが可能で、曲によって「標準」のバチと使い分けるといった使い方がオススメです。

ELEMENTS 04

GRIP

グリップ

グリップは、適度なウエット感と耐久性を備えたものをご用意しております。
デザイン、カラーも豊富ですので、お客様の好みに合わせたグリップをお選びいただけます。

N

Nグリップ(全6色)

Nグリップ(全6色)

市販では入手できない特注のグリップを使用しています。
プレイ中に手元が安定するウエット感を備えながら、経年劣化を軽減できるよう耐久性にも優れている万能グリップです。
カラーは全6色で、シンプルなデザインで人気のグリップです。

Camouflage

迷彩グリップ(9色)

迷彩グリップ(9色)

ドライな感触が特徴のグリップです。
人と被りにくいデザインで、手元をカッコよく彩ってくれます。
カラーも全9色と豊富で、Minamitoriは赤色、紫色が推しです。

amazonで商品を選んで購入